メニュー

血友病患者さんの充実した人生のために。
「ヘモフィリアToday」では、患者さんとご家族の方々、そして患者さんをサポートされる方々のお役に立つ、血友病関連情報をお届けしてまいります。

未来をえがく 先輩からのメッセージ Make My Day vol.1

未来をえがく

主治医からのメッセージ

定期補充療法をしっかり行うことにより、
制限のない日常生活を送ることが大切です

島根大学医学部小児科 教授 竹谷 健 先生

島根大学医学部小児科 教授竹谷 健 先生

将馬さんは運動が大好きな子ですが、大きな出血を起こすことなく治療生活を送ることができています。お母さんが看護師ということもあり、早くから自己注射を始められたことがその要因の1つですが、やはり本人が治療の重要性を自覚し、前向きに取り組んでいることがトラブルを回避できている最大の要因といえるでしょう。また、小学生の時に広島県ヘモフィリア友の会に参加し、多くの患者さんとそこで接したこと、自己注射の練習を行ったことも、現在の治療生活に影響しているだろうと思います。

血友病治療は、定期補充療法をしっかり行うことにより、制限のない日常生活を送ることが大切です。しかし、単に定期補充療法が必要ですと伝えるだけでは患者さんのモチベーション向上にはつながらないので、患者さんの凝固因子活性を測定し、それをグラフで見ていただいて、なぜ出血が起こるのか、どのタイミングで注射をすれば出血が起こらないかをわかりやすく伝えるようにしています。

将馬さんは、そうしたことをすべて理解する模範的な患者さんといえますね。本人は思ったことをあまり口にしませんが、芯は強い子です。さらに最近は、自分のことだけでなく家族のことも考えて行動するようになったように見えます。大人になりました。これからも、いまのスタイルを維持しながら治療を継続してもらえればと願っています。

島根大学医学部小児科

「一人のこどものために、今できることを、そして将来の幸せのために〜For one child, For a moment, For the future 〜」をモットーに、島根県全体として幅広い小児疾患に対し世界標準の診療を提供するべく取り組んでいる。医療者の教育、小児疾患の診断・治療に対する研究にも注力。血友病診療にも積極的で、松江赤十字病院など地域の医療機関と連携しながら多くの患者さんの診療を行っている。

島根大学医学部小児科

前のページへ

Make My Day[vol.1]冊子ダウンロード

ダウンロード

HG-JPN-0523

ページトップへ