製品情報概要 溶解操作方法

注射剤の調製法

本剤を調製する際には、以下の手順に従って行う。

1.製剤バイアルの準備

1

製剤バイアルの入ったケースは、両側面にある丸い印を押しながら
蓋を開ける

冷蔵庫で保存していた場合、室温に戻してください。

2

製剤バイアルのキャップを外し、ゴム栓をアルコール綿で消毒する

消毒後は、ゴム栓に触らないでください。

PAGE TOP

2.バイアルアダプターを取り付ける

3

バイアルアダプターを準備する

トレイのラベルをはがす。その際バイアルアダプターの針には触れないようにする。

4

バイアルアダプターを製剤バイアルに取り付ける

トレイに入れたままアダプターを製剤バイアルにしっかりと差し込み取り付ける。

PAGE TOP

3.注射筒にプランジャーロッドを取り付ける

5

プランジャーロッドを注射筒に取り付ける

注射筒のゴム栓に、プランジャーロッドを時計回りに回してしっかり取り付ける。プランジャーロッドが少し重たくなるまで回すのが目安。

6

注射筒のキャップを取り外す

注射筒の先端のキャップを左右に折って、取り外す。

PAGE TOP

4.オルプロリクス静注用の溶解

7

注射筒とバイアルアダプターを接続する

注射筒の先端をバイアルアダプターに差し込み、時計回りに回しながら接続する。

8

溶解液を製剤バイアルに入れ、薬を溶解する
  • (1)プランジャーロッドをゆっくり押しながら、溶解液をすべて製剤バイアルに移す。
  • (2)製剤バイアルをゆっくりと円を描くように1~2分間回し、薬を完全に溶解する。

9

製剤バイアル内の薬液を注射筒に移行する

製剤が完全に溶解したらバイアルを逆さにし、プランジャーロッドをゆっくり引いて、バイアル内の薬液を完全に注射筒に移行する。
プランジャーロッドを引きはじめたら、途中で薬液を製剤バイアル内に戻さないでください。

PAGE TOP

5.注射筒に翼付針を取り付ける

10

翼付針を取り出す

翼付針の接続部分を切り口側によせ、袋を開けて接続部分を取り出す。

11

翼付針と注射筒を接続する

注射筒を反時計回りに回し、バイアルアダプターから取り外す。注射筒に翼付針を取り付ける。

なお、溶解した薬液は室温(30℃まで)で6時間保存することができる。

PAGE TOP