オルプロリクスをお使いの患者さんへ オルプロリクスの特徴

血友病Bの患者さんに使われる注射剤です

  • オルプロリクスは、遺伝子組換え血液凝固第\因子製剤です。製造工程でヒト及び動物由来の原料を使用していないことから、HIVやC型肝炎ウイルス等への感染リスクが低減されています。
  • オルプロリクスは、体の中で長く作用する性質をもっており、定期的な投与及び急性出血時に使用することが可能です。
  • 250、500、1000、2000、3000国際単位の5規格があります。

オルプロリクス総合製品情報概要より引用
厚生労働省医薬食品局血液対策課:血液事業報告 平成17年版より引用

オルプロリクスの製剤写真

〈ハードケース〉

ハードケース

〈ハードケースの内容〉

溶解液の量はオルプロリクス静注用250、500、1000、2000、3000の5規格いずれも5mLです。

ハードケースの内容

〈輸注セット〉

輸注セット

輸注セットは製剤と別に添付されています。

page top