イロクテイトが体の中で長く作用する機序

イロクテイトは、体の中にあるタンパク質が再循環する自然な経路を利用して、
体の中で作用する時間を長くしています。

イロクテイトが体の中で長く作用する機序

イロクテイトが体の中で長く作用する機序

免疫グロブリンは、体の中にもともと存在するタンパク質で、免疫システム*2 の中で重要な役割を果たしています。

*2:免疫システム=体の中の病原体や異物を排除しようとする、体を守るためのしくみ

その中でも免疫グロブリンG(IgG)は、血液中に最も多く存在し、体の中に留まり、作用する時間が長いことが知られています。

イロクテイトは、このIgGの「Fc」という部分と、血液凝固第Ⅷ因子を融合させ、IgGが再循環する自然な経路を利用して、体の中で作用する時間を長くした遺伝子組換え血液凝固第Ⅷ因子製剤です。

page top
イロクテイトの注射方法
注射時に必要なもの
  • 戻る
  • 進む