メニュー

血友病患者さんの充実した人生のために。
「ヘモフィリアToday」では、患者さんとご家族の方々、そして患者さんをサポートされる方々のお役に立つ、血友病関連情報をお届けしてまいります。

お役立ち情報

オルプロリクスをお使いの患者さんへオルプロリクスの副作用

オルプロリクスの副作用

重症の血友病Bの患者さんを対象に行われたオルプロリクスの臨床試験では、安全性評価対象例119例中、10例(8.4%)に副作用が認められました。
主な副作用(2%未満)として以下が認められています。

頭痛、 口の錯感覚*1、 浮動性めまい、 味覚異常、 呼気臭、 疲労、注射部位疼痛、 動悸、 閉塞性尿路疾患、低血圧、血尿、腎仙痛、食欲減退

*1:錯感覚...触覚が障害された状態で、触れただけで痛みや冷たさを感じるなど、通常とは異なった感覚になること。

この他にも気になる症状があらわれた場合には、
すぐに医師または薬剤師にご相談ください。

オルプロリクス添付文書より引用

オルプロリクスの投与中に、特に注意しなければならない症状

以下に示すような症状があらわれた場合には、オルプロリクスの投与を中止し、医師または薬剤師に速やかに連絡のうえ、医療機関を受診してください。

重大な副作用 主な自覚症状
ショック、
アナフィラキシー*2
めまい、ふらつき、眼と口のまわりのはれ、じんましん、
判断力の低下、動悸、息切れ、ほてりなど
血栓塞栓症 血を吐く、吐き気、胸の痛み、胸をしめつけられる感じ、腹痛、腹がはる、足の痛みやしびれ、出血など

*2:アナフィラキシー=非常に短い時間で全身にアレルギー症状が起こること。

オルプロリクス患者向医薬品ガイドより引用、一部改変

ページトップへ